【sWIKI】からのお知らせ
1月17日迷惑行為予防の機能強化を行いました。編集、コメント投稿時「送信内容にNGワードが含まれています。」と表示され解決されない場合は恐れ入りますがお問い合わせより御連絡頂けますよう宜しくお願い致します。
Titanfall2(タイタンフォール2)攻略 Wiki
HTML ConvertTime 0.032 sec.

このWikiはTitanfall2(タイタンフォール2)の情報Wikiです。
誰でも編集できます。


[公式] http://www.titanfall.com/ja_JP/


雑談掲示板 | 質問掲示板



2017年配信予定


2016年11月30日 第1弾DLC配信
先行解禁2016年11月30日。全プレイヤー向けは12月3日。
DLC/01参照。



2016年10月28日 日本時間午前12時0分発売。

デラックスエディション 10,584円
スタンダードエディション 8,424円
ローンチ後に登場する追加マップとゲームモードは全て無料
販売情報参照。


  • パイロットにグラップリングフック能力が導入される。
    グラップリングフックは、タイタンへの接近やフリーランニングの補助、敵を引き寄せるといった広範囲な利用が可能。
  • 前作よりも大規模なマルチプレイヤーマップを特色とする。
  • 予約特典として、“Violator”と呼ばれるハンドガンが同梱される。



マルチプレイ



シングルプレイ



前作Titanfallについては http://titanfall.swiki.jp/ 参照。


Twitter Edit


ゲーム概要 Edit

太陽系外の地球に似た惑星の多い宙域「フロンティア」でIMCミリシアの戦闘が繰り広げられる。
プレイヤーPilot(兵士)がTitan(ロボット)と共に、非搭乗時にはジェットパックとパルクール技術による戦術を、搭乗時には力強さによる戦略を駆使して戦闘する。
戦闘は基本的にPilotのみ、Titanが建造中の状態でスタートし、条件を満たすといつでもTitanを投下(タイタンフォール)する事ができるシステムとなっている。
Titanの建造にはある程度の時間がかかるが、破壊されるたびに次の機体が建造されるため、1度きりしか使えない代物ではない。
敵の戦闘員にダメージを与えるほどにこの時間は短縮されていくため、攻勢に回るほど有利になりやすい。

  • Pilot(プレイヤー)
    Titan搭乗時の戦闘技能に加え、非搭乗時においてもパルクール技術を駆使した戦闘技能を持ち合わせた上級戦闘員。女性も居る。
    腰部にジェットパックを装備しており、パルクール技術と合わせて壁を走ったり、2段ジャンプしたりとTitanに比べ身軽な行動が可能。
    落下ダメージは一切ないため、縦横無尽に戦場を駆け巡るスピード感溢れる戦闘が展開される。
    建物の中に隠れ、対Titan兵器を敵Titanに撃ち込みながら隠れる「キャット&マウス戦法(開発談、トムとジェリーみたいな感じらしい)」を取る事で敵Titanを翻弄出来る。
    ナイフを所持しているが殺傷用ではなくパルクールとハッキングのみに使われ、近接戦闘はもっぱら殺人的なパンチ・キックや「処刑」によって行われる。
    フロンティア上のほとんどのPilotは建築業者などの民間人であり、プレイヤーの様な「フルコンバット認証」所持のPilotは非常に希少。
    特にIMCPilot育成プログラムにおいては敵兵士やTitanが降り注ぐ戦場を生き残るための実力を獲得するまでに候補者の98%が死亡している。
  • Minion(AI兵士たち)
    Titanの操縦技術もパルクールの技術も習得していないレベルの低いGrunt(兵士)やSpectreStalker(機械兵)は、ドロップポッドやドロップシップによって定期的に戦場の随所に投入されてくる。
    アサルトライフルやショットガンにフラググレネードで武装しており、いざという時に奪い取る事ができる。
    Gruntは非常に脆弱で1,2発の銃弾で命を落としてしまうものの、Spectreは機械の身体なのでPilotとほぼ同等の体力を持っている。
    Spectreは序・中盤に登場してくる、消耗戦においてはデータナイフによってハッキングが可能なので一概にGruntより優れた存在だとは言えない。
    Stalkerは後半に登場してくる、強力な機械兵で、Spectreの2.5倍の体力を持ち、Titanでないと処理に手間がかかるが、背中の動力部に攻撃を受けると爆発する特性を持つためPilotでも処理できなくはない。
    Reaperは小型の無人タイタンとも言うべき兵器で高い火力を有するリーパー・ロケットや格闘攻撃で敵を追い詰める。Titanほどの強固な装甲を持たないもののPilotTitan無しで撃破するのは困難である。
    Minionは超人的な兵士であるPilotと比べるととてつもなく弱いが、索敵はもちろん、私語をしたり味方Pilotの到着で喜んだり敵Titanから逃げ出したりと様々な仕草で戦場を盛り上げてくれる。
    FPS初心者でもAI兵士たちを倒すことで敵軍を消耗させたり、自分のTitanの建造時間を短縮させるなどチームに貢献できるシステムとなっている。
    一応、彼らも兵士の端くれなので命からがら隠れた先でとどめを倒されてしまう事もあり、単なる賑やかしだと侮っているとバッチリとキルログが残って恥ずかしい思いをしてしまうだろう。
    余談だが、女性のAI兵士は1人も存在しない。
  • Titan(身長7m程度の巨大ロボット)
    Pilot専用の人型ロボット。軍用強化外骨格の子孫にあたり、戦闘内外で幅広い使われ方をしている。
    一人ひとりに専用の機体が提供され、他人のTitanを奪い取る事はできない。
    武器とシャーシ、その他装備の選択によって大きく外見と性質が変化するため、自分に合った構成を見つける楽しみもある。
    高火力の武器と厚いアーマーとシールドに加えてシャーシによっては高速移動を可能とするブースターを備えており、敵の近くを歩くだけでも容易にひき肉にできるため、歩兵にとってはすさまじい脅威となる。
    いかに多くのTitanを味方に揃え、敵のTitanを葬るかが勝負の分かれ目、とも言えるだろう。
    しかし建物の中や細い通路を通れなかったり、上に乗られた際の対処に手間取るなどの欠点も持つため、キャット&マウス戦法を取ったPilotは天敵となりうる。
    が、Pilotと言えども歩兵は歩兵、ナメてかかれば当然Titanの手足によって一瞬で原生生物のおやつにされることだろう。
    なおコクピット内にPilotが不在でも搭載されたOSがAIモードを起動し、自動でついてきたり、その場を守ってくれる機能が備わっている。

製品情報 Edit

開発元Respawn Entertainment
http://www.respawn.com/
発売元Electronic Arts
http://www.ea.com/
ジャンルFPS
プラットフォームPC / PS4 / Xbox One
発売日2016年10月28日
言語日本語対応
プレイ人数最大 8vs8(計16名)
CERO年齢区分D(17歳以上)