Top > スピットファイア


#include(パイロット項目,notitle)

*スピットファイア [#main]

|BGCOLOR(#222):CENTER:184|COLOR(#FFF):BGCOLOR(#333):120|300|c
|&ref(メイン武器/スピットファイア.png,nolink);|BGCOLOR(#fc2):COLOR(Black):''分類''|''[[パイロット]] / [[メイン武器]] / ライトマシンガン''|
|~|アンロック|初期解除|
|~|英字表記|SpitFire|
|~|ゲーム内解説|安定した連射率で威力も充分。|

|>|>|>|>|CENTER:80|c
|ダメージ|命中率|射程|連射速度|弾倉(追加)|h
|50|39|75|47|80(96)|

|BGCOLOR(#555):COLOR(White):100|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#222):CENTER:58|c
|[[&color(White){MOD};>MOD・アタッチメント]]|&attachref(MOD・アタッチメント/弾倉追加.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/サプレッサー.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/チャージハック.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/ガンランナー.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/スピードローダー.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/撃ち方用意.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/クイックスワップ.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/戦術キル.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/跳弾.png,nolink);|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|アンロック|2|-|-|4|5|7|8|9||
//
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):100|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#222):CENTER:58|c
|[[&color(White){アタッチメント};>MOD・アタッチメント#attachment]]|&attachref(MOD・アタッチメント/HCOG.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/ホロサイト.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/AOG.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/可変ズーム.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/HCOGレンジャー.png,nolink);|&attachref(MOD・アタッチメント/脅威スコープ.png,nolink);||||
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|アンロック|-|-|3|-|6|10|-|-|-|

*解説 [#description]
他の未来的な銃に比べるとかなり現代的な軽機関銃。前作からの続投組だが使用感覚は大きく異なる。
破格のマガジン装弾数80発を誇り、距離減退発地点も長めで(アサルトライフルと同程度)、CS版ではエイムアシスト機能が優秀なため、中~遠距離で抜群の安定感を発揮する。
一方、連射速度が遅い、腰だめ精度が低くADSを行わないとまともに当たらない、そのくせADS移行まで長い、撃ち続けると反動蓄積が酷いことになる……と、スピード重視の本作とは相反する欠点も多い。ある意味「FPSらしい」スタイルの武器である。
#br
撃ち始めの精度はアサルトライフルより優れているので、敵がある程度離れているなら数発のタップ撃ちを心がけよう。
むきになって撃ちつづけると反動がどんどん大きくなり、止まっている相手を狙うのも苦労するほどになるので無理は禁物。
至近距離では圧倒的な弾数に物を言わせて腰だめばら撒き撃ちを狙うのもいい。
#br
弾数が多く、ADS主体となる武器なので弾倉追加・ガンランナーMODは無理につけなくてもいい。まずは他のMODを試してみよう。
キャンペーンでは無倍率ホロサイトが装備されたモデルも登場するが、残念ながらマルチプレイでは存在しない。
規定品は独特の形で慣れるまで時間がかかる。ガンランナーMODと引き換えにして脅威スコープに頼るのもいいだろう。

-サービス開始当初は他の優秀な(あるいは強すぎた)武器に隠れた凡庸な存在だったが、そうした強武器に相次ぐ下方修正が入った為、相対的に地位が上昇した。
-サービス開始当初はダメージが25と低く、他の優秀な(あるいは強すぎた)武器に隠れた凡庸な存在だったが、そうした強武器に相次ぐ下方修正が入った為、相対的に地位が上昇した。

#br

#htmlinsert(youtube,id=M_juhTqX4NM)
*コメント [#comment]
#pcomment(,reply,10,)