Top > Titanfallの世界観

【sWIKI】からのお知らせ
本日、コメント機能につきまして一部制限を加えました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
Titanfallの世界観
HTML ConvertTime 0.161 sec.

このページでは主に取り巻く組織・勢力や登場人物などの、Titanfall世界における社会面についてまとめている。
兵器やその他用語については、用語集を参照。

ミリシア Edit

Frontier Militia、民兵組織。IMCの支配に抵抗する入植者・開拓民たち。
盗賊や傭兵、海賊などと言った犯罪組織も構成の一部となっており、敵(IMC)の敵は味方であるといった形で団結している。


IMCと対立しているにも関わらず、多数のタイタンを製造所有しており、かなり大きな組織であることが伺える。
ラスティモーサの話によると前作のデメテルの戦い以降、フロンティアの1/4以上をIMCから奪還したようである。


前作ではIMCの敵対勢力として登場(その実体はほぼマローダー隊)。
本作ではキャンペーン主人公の所属勢力である他、マルチプレイヤーで所属する勢力の幾つかがミリシア側である。

ミリシア側勢力 Edit

ミリシアSRS Edit

ミリシア特殊偵察中隊とも呼ばれる。ゲーム内では下記のような構成人員が登場する。

 タイ・ラスティモーサ
 エリ・アンダーソン
 コール

特攻兵団 Edit

ミリシアSRSに属する勢力。マローダー隊とも。
ゲーム内で稀に見られるM-CORというロゴもMarauder Corpsの省略形で、この組織を指している。
ゲーム内では下記のような構成人員が登場する。

 サラ・ブリッグス
 ジャック・クーパー
 フリーボーン
 シェーバー
 ミアス
 ジェームズ・マクアラン(前作の登場人物)
 ビッシュ(前作の登場人物)
 マーカス・グレーブズ(前作の登場人物)
 アンダーソン(前作の登場人物)

エンジェルシティ・エリート Edit

バーカーが指揮する傭兵グループ。その名の通りエンジェルシティに位置していると思われる。
エンブレムのACESはAngelCityEliteSの略だろう。
ミリシアに賛同しているが、所属しているわけではなく、あくまでフリーランスの集団である。
ゲーム内では下記のような構成人員が登場する。

 バーカー

6-4 Edit

シックスフォー。フリーランスの精鋭パイロット集団。
フロンティアの自由を守るべく現在はミリシアの目的に賛同しているが、ミリシアそのものが間違った方向に向かえば、彼/彼女らはミリシアの敵にも成り得るだろう。
独自の道徳律を持ち、報酬だけで仕事を選ぶことはしない。エイペックスプレデターズの対極にあると言える傭兵集団。
クロウのパイロット(名称不明)以外は皆フルフェイスヘルメットを被っているため、残念ながら素顔を拝むことはできない。
ゲーム内では下記のような構成人員が登場する。

 ゲイツ
 デイビス
 ベア
 ドロズ

ラストリゾート Edit

フロンティアディフェンスでプレイヤーが所属する勢力。ハーベスターを持って何を行っているのかの詳細は不明。
ゲーム内では下記のような構成人員が登場する。

  • デイビス(表記揺れ:デービス/Davis) [詳細は6-4を参照]
  • ドロズ [詳細は6-4を参照]

IMC Edit

Interstellar Manufacturing Corporation; フロンティアの征服を目論む、巨大な軍産複合体。
元々は鉱山開発を主業務とするHammond Engineeringという小企業だったが、Titanの需要を掘り当て開発技術と原料素材を独占したこと、また惑星1個単位での調査・データベース化技術を開発したことで、莫大な富を獲得。その財力を元手に数多くの合併を重ね、創業から約1世紀のうちに強大な企業体を形成するに至った。
Hammondの名は、Hammond IndustriesやHammond Roboticsとして現在も残っている。

 ハモンドという人物について

前作の終盤、中枢星系とフロンティアの橋渡しをするIMC重要施設"デメテル"で起きた戦いの結果施設を破壊され分断されており、ミリシアに対して守勢の状況に陥っている。

IMC側勢力 Edit

Hammond Robotics社 Edit

ハモンド・ロボティクスはTitanfall内で設定された架空の企業。
架空の企業だが、公式サイトまで用意されている。

  • Hammond Robotics社は、コロニー向けの製造業や運送、セキュリティを含めたソリューションを提供するロボット企業で、未開拓のフロンティアと広大なコアシステム(※ 宇宙進出を果たした人類の勢力範囲を指すと思われる)の両方にこれを提供している。
  • Titanfallにおけるプレイアブル勢力の1つIMC(Interstellar Manufacturing Corporation)の完全子会社として運営されている。
  • 大気圏内や海中、地上、宇宙空間で活動可能な“Titan”の製造を1世紀以上にわたって続けている。
  • Titafallのマルチプレイヤーマッチに登場するAI駆動のBot(Automated Infantry)もHammond Robotics社が製造を手掛けている。
  • 様々な衝突が発生する開拓中のフロンティアにおいて、主要な採掘オペレーションやコロニーのテラフォーミングを守るために軌道防衛システムを展開している。
     主な製造品

残留艦隊 Edit

Remnant Fleet。前作デメテルの戦いによってコア星系からの増援や補給ができなくなったIMCの残党と推測される。
開発中止となった「Titanfall:Frontline」では、スパイグラスが残留艦隊の指揮官となっていた模様。

 スパイグラス(前作の登場人物)

ARES師団 Edit

正式名称『Archaeological RESearch Division』(考古学研究師団)
マーダー大将率いる研究を主とした師団。質の高い傭兵を雇い、研究を阻害する存在を排除している。
マルチプレイでは勢力の1つ。
IMCで有りながら残留艦隊とは独立しており、賞金稼ぎでは報酬のためかターゲットにしていることもある。


ゲーム内では下記のような構成人員が登場する。

 マーダー大将
 ジェファーソン・ボイル博士
 ジェスター

その他勢力・企業・組織 Edit

ゲーム内に登場する企業はタイタンフォール開発陣の名前に由来しているものが多い。

Werneck Edit

コンテナの運搬や製造を行っている企業。読みはおそらくウェルネック、もしくはヴェルネック。
ゲーム内でもコンテナ等でその名を確認できる。

Lastimosa Armory Edit

ゲーム内の武器メーカーの一つ。読みはおそらくラスティモーサアーモリー。
ゲーム内でも装備にL.ARMORYの刻印を見ることが出来る。

 主な製造品

Brockhaurd Manufacturing Edit

武器メーカーの一つ。読みは恐らくブロックハードマニュファクチャリング。
LastimosaArmoryと似たエンブレムを持つため、関係していると思われる。

 主な製造品

Altamirano Armory Edit

武器メーカーの一つ。読みは恐らくアルタミラーノアーモリー。
主な製造品はSA-3モザンビーク。

Emslie Tactical Edit

武器メーカーの一つ。読みはおそらくエムスリータクティカル。
主な製造品はオルタネーター。

Burrell Defense Edit

武器メーカーの一つ。読みはおそらくバーレルディフェンス。
主な製造品はD-2ダブルテイク、ローニンのブロードソード。

Wonyeon defence Edit

タイタン及び武器メーカーの一つ。

 主な製造品

虎大 Industries Edit

kodai Industries、読みはコダイ インダストリーズ。
製造・建設・海運・鉱業を手掛ける法人で、タイタンを製造する企業の一つ。
前作・本作中でも虎大の施設がMAPとなっているものもある。
施設の他、エデンでロゴを、エンジェルシティでポスターを確認することが出来る。
前作のタイタン「アトラス」はこの企業で製造されているほか、機体に入れられたロゴからBTもこの企業によるものと思われる。

ヴィンソン・ダイナミクス Edit

タイタンや各種兵器を製造するメーカー。
兵器は癖のあるものが多く、タイタンはスコーチやローニンなど。
本作では勢力の一つとして存在する。
ヴィンソン・ダイナミクスは感心するでしょう。

 主な製造品
 アッシュ(復元後)

エイペックスプレデターズ Edit

ブリスクがデメテルの戦いのあと立ち上げた傭兵組織。報酬があれば雇い主を選ばずなんでも働く傭兵集団。
キャンペーンではARES師団と契約、とある物の輸送と、タイフォンに置けるセキュリティ業務を請け負った。
マルチプレイでは傭兵であるプレイヤーが所属する勢力の一つとなっている。雇い主を選ばない方針はかわらない。
ゲーム内では下記のような構成人員が登場する。

 クーベン・ブリスク
 ケイン
 アッシュ(復元前)
 リヒター
 バイパー
 スローン

支持者 Edit

各勢力やパイロットたちを影で支える謎の存在。
英語表記では単数形で表されるため、一個人の可能性もある。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 吹き替え声優情報をコメントアウトで追加したけど、スッカスカな上に今のところ公式で声優が分かるのはノーススターOSの方くらいだから必要ないかな・・・? -- 2017-06-24 (土) 17:19:34
    • ちゃんと最後まで書けるなら書いていいと思うけど、それができないならやめといたほうがいい -- 2017-06-24 (Sat) 18:02:01
      • うむむ、さすがに全部埋められるきはしないなあwとりあえず削除しときます。ご意見ありがとう -- 2017-06-24 (土) 23:34:24
  • 前作初期の頃はIMCキャンペーン終盤でハモンド氏の演説が聞けた(後に削除) -- 2017-06-26 (月) 12:18:52
    • マジで。動画上がってねえかな……。 -- 2017-06-26 (月) 13:25:46
    • そーいえばそんなのあったなぁ。内容全然覚えてないや -- 2017-06-27 (火) 16:56:37
      • うろ覚えだがデメテルの港の重要性を説いて兵士達にミリシアを駆逐すれば報酬が待ってるぞって感じの内容だったような -- 2017-08-14 (月) 01:10:59
  • フラクチャー作戦のときの「味方の艦隊はジャンプ圏外」って、「味方の艦隊がジャンプ一回で飛べる範囲よりも遠くにいる」ってことなのかな? -- 2017-06-27 (火) 16:16:13
    • それでいいと思うよ。従って助けに来てくれる味方もいない、燃料切れ寸前の自分たちの艦隊が生き延びるためには目の前で敵から分捕る以外にない… なんて逼迫した状況なんだ(と言いつつスペクター迷彩を起動するミリシアパイロット) -- 2017-06-27 (火) 20:54:35
  • あの後シェーバー中尉とフリーボーン中尉は生き延びたんだろうか -- 2017-06-27 (火) 16:22:06
    • 生き残っててくれないと…せっかく難易度マスターでも2人残したんだから!仮にもパイロットだろ! -- 2017-06-27 (火) 21:25:19
      • マスター難易度を超えた二年後、そこには人間を捨てて立派な薬物中毒になった二人のパイロットの姿が・・・!CMのあと感動の再会! -- 2017-06-27 (Tue) 21:35:58
      • この興奮剤最高!!! -- 2017-07-29 (土) 11:52:00
  • キャンペーンだと残留艦隊についてあまり触れられなかったけど、中枢星系からの増援も望めない中かなりの兵力を持ってる辺りスパイグラスの優秀さが見て取れる -- 2017-07-28 (金) 03:39:08
    • そもそも残留艦隊といっても相手は企業国家を超越した企業惑星とも言うべきIMCの残留だからな…それこそパイロットテストで志願者の98%を死なせても痛くも痒くもないぐらいの力がある、今回のキャンペーンで戦うIMCはマーダー大将率いるARES師団で「私兵団」に過ぎないのにあの規模だ -- 2017-07-28 (金) 10:28:31
  • 残留艦隊不遇すぎて涙が出る・・・ -- 2017-08-01 (火) 03:03:27
    • 不遇だが、帰還より調査を優先しているARES旅団と違って現地で接収というなの略奪もしてるわけで、マーダー大将曰く研究データをため込んでるようだし、アッシュネキのログも保有してるらしい。何を企んでいるのやらわからないところが不穏だ。 -- 2017-08-01 (火) 09:05:00
    • まあ前作でIMCがやってたことを考えるとむしろざまあみろって感じだがな、ブリスクも民間人虐殺してミリシアならお金貰わんでも趣味で殺してやる言ってたんのになんでマーダー裏切ったんだろう、残留艦隊がなんか手引したか? -- 2017-08-03 (木) 15:00:45
      • アレは本人も言ってる通り、契約はアーク護送とそれまでの施設管理で、それが終わったから「金にならないことはしない」じゃないかなぁ。マルチの口ぶりからプレデターズは前金制っぽいし。マクアランに対してはIMCを裏切ったやつが「そいつら(スペクター)に忠誠心はないぞ」って言ってて「いやいや、どの口がほざいてんだ裏切り者がふざけんなぶち殺すぞ」って感じだったから特別だったんだろう -- 2017-08-03 (木) 15:08:05
      • いやお前ら派遣の(株)プレデターズさんですらちゃんと契約内容守ってるのに正社員のマクアランさんは「勤務内容が気に入らないのでバックレます^^あ、ムカつくんで機密も一緒にもっていきますね、あと船も^^」とかやってたらそりゃ派遣はキレるだろ。備品盗んでバックレるとか今時底辺高校のバイトレベルだぞ -- 2017-08-03 (Thu) 15:15:43
      • ブリスクがキレたのはマクアランじゃなくてグレーブスだった、失敬。 -- 2017-08-03 (木) 15:21:37
    • デメテル戦以降はパッとしないよなあ。問題の同作戦では独断で権限上書き→作戦中の味方全員見殺し→グレーブスブチ切れ離脱で内部系統はお察し、ブリスクはARES師団と一時契約で主戦力も消えたし。それでも新型量産機を保有してるとかどれだけスパイグラスは信用されてるのか -- 2017-08-03 (木) 15:57:24
  • そもそも残留艦隊(IMC)とマーダー大将(ARES旅団)は理念が違う、IMCはあくまでAIとロボットで世界を掌握しようって考えに対してマーダーは問題解決するなら創発的発想でタイタンに頼らないって思想、些細な違いに見えてIMCの御大将ハモンドが大のロボット好き人間嫌いで人類全部ロボに置き換えてレボリューションしてやる!という考え方だから実はとんでもない隔たりだと思う -- 2017-08-03 (木) 15:44:45
  • サウンドトラックは前作の方が重苦しい雰囲気で好き。まあ今作もヒロイックで嫌いじゃないけど -- 2017-08-13 (日) 08:06:13
  • ジャックは前作のトレイラーにライフルマンとして出てるって見たけど本当なの? -- 2017-08-16 (水) 19:41:18
  • ラストリゾートはACES所属だと思う。 FDの後に「バーカーの所で一杯やろう!」って言ってたし・・・・ -- 2017-09-08 (金) 07:06:56
    • ACESというか全体的にミリシアお抱えの防衛部隊だと思う、前作のFDはミリシアの仕事だったから(そもそもIMCは攻め込む側だし) -- 2017-09-11 (月) 13:38:33
お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

テスト的に表示しています。